USBメモリを分割しブートローダを組込む

| コメント(0) | トラックバック(0)

USBフラッシュメモリをUSB-HDDのように扱うツールがあるので覚書。

LinuxやWindowsを用途に合わせてUSBメモリに入れて持ち運べれば便利かも。XPは色々と方法があるようなのでいいけど。Windows7はどうも簡単にはいかないっぽい・・・

ブートローダを組込んだUSB-HDDでもロゴまでは表示できるが、それ以上進まない。何かいい方法があればよいのだが。

とりあえずUSBメモリのパーティションを分割し、ブートローダを簡単に組込むことができるツールがあるので参考に。

BOOTICE0.78

使い方は簡単に続きへ

WindowsインストールUSBメモリの作成例

1.USBメモリをフォーマットする[Perform Format]
2.USB-HDD mode Single Partitionを選択 Next Stepをクリック
3.Process PBR をクリック
4-a Windows系であれば[BOOTMGR boot record]
4-b Linux系であれば[SYSLINUX-x.xx]

a:USBにWindows インストールCD or DVD の内容をコピー
b:CDの内容をコピーしてsyslinux.cfgを探す。なければisolinux.cfgを探してsyslinux.cfgへ
 リネーム。フォルダもisolinuxであればsyslinuxへリネーム
5.USBからブートすれば起動可能

USB非対応のPCからもPXE BOOTを使用すればUSBメモリからの起動もできるようになります。Plop Boot ManagerをUSB起動非対応PCのHDDに組込むことでUSB起動も可能でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://free.k-twins.net/mt/mt-tb.cgi/22

コメントする

ランキング

ポチっと応援お願いしますm(__)m


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村

スポンサー

アクセスアップ

外国為替

Powered by Movable Type 5.12

Twitter

検索


amazon


このブログ記事について

このページは、kyoが2010年9月22日 23:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「GS-28USB-50を購入すると逮捕!?ただ乗り無線LAN」です。

次のブログ記事は「DD-WRTのrepeater bridge機能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。