DVDコピーソフトのcrackファイルからウイルス感染

| コメント(0) | トラックバック(0)

少し前まではDVDのコピーガードはDVD Shrinkなんかで解除していましたが、今はいろいろとコピーガードが厳しく解除が難しくなっている感じがする。AnyDVDなどは結構解除できていたのでAnyDVDのcrackソフトを使っていた。しかし、なんのDVDだか忘れたが解除できないDVDソフトがあったので探していたらDVDFabが使えそうだったのでDVDFabのcrackソフトを使ってみた。これは結構便利だった。

数日後からなんか起動後のCPU使用率とネットが重くなったのでタスクマネージャーを起動したらなんやら怪しげなプログラムがCPUを占有していた・・・。

wscript.exe とliveupdate.jsだったかな。avastでは検出できなかったが、オンラインウイルススキャンのF-Secureで検出された。ただ、このスキャナの推奨設定でウイルス削除したらWindowsが起動しなくなったwバックアップしておいてよかった。

でもって、手動削除して

regedit.exeを起動

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\
CurrentVersion\Run
TaskMngr = "wscript.exe "%Common Files%\ComObject\liveupdate.js""

も削除して終了。

レジストリを削除しないと起動時にエラーがでてうざいかも。

感染源はもちろん、DVDFabのcrackファイルです。他のPCにも感染しましたw

ちなみにウイルス名:TROJ_DROPPR.TEJ

参考サイト:http://threatinfo.trendmicro.com/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=TROJ_DROPPR.TEJ&VSect=T

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://free.k-twins.net/mt/mt-tb.cgi/10

コメントする

ランキング

ポチっと応援お願いしますm(__)m


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村

スポンサー

アクセスアップ

外国為替

Powered by Movable Type 5.12

Twitter

検索


amazon


このブログ記事について

このページは、kyoが2010年9月 7日 22:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Wiiの修理」です。

次のブログ記事は「ネット懸賞」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。